コミュニティー・ショップと有機米生産者グループ

コミュニティー・ショップと有機米生産者グループ :持続可能な開発と環境に向けて行動するNPOずっと∞サステイナブルのブログです

コミュニティー・ショップと有機米生産者グループ

2008年12月23日

ずっと∞サステイナブルでは、ずっと∞村の農家の方々に生産者グループ(農協)を結成してもらおうと考えています。グループで資材を購入したり、農作物を販売する方が、良い値段で取引できると思うからです。ずっと∞村3村と近隣4村(計7村)でミーティングを開催し、農家の方に生産者組合についてどう思うか訊いてみました。ミーティングには、計135名(男性77名、女性58名)が参加しました。

具体的な活動として人気があったのは、以下の2活動でした。

  • 村のコミュニティー・ショップ開設(村内にコミュニティー・ショップを開設し、自分達が作った農作物などを売り買いする活動です)
    農家の方達は、自分達が店のオーナーになることができるし、食料品を買うときにも遠くのお店より安く買えると期待しているようです。半数以上の方が活動に興味を示し、今年のお米の収穫が終わり、現金収入を得た後に、活動を開始したいとのことでした。
  • 有機米生産者グループの結成(化学肥料や農薬を使わない有機米として認定されれば、通常の4倍近くの価格でお米をCEDACが買い取り、プノンペン市内等で有機米として販売する活動です)
    同じ州内の別の村で、有機米生産者グループが活動していることが紹介されました。高い価格でお米を買い取ってもらうことができるということで、5つの村の農家の方が、その可能性について話し合うことになりました。


  • 村でのミーティングの様子
    村でのミーティングの様子です


    ずっと∞の活動にご関心を持っていただいた方へ
    早速行動してみる!
    メールマガジンを読んでみる


    ずっと∞ブログは、開発と環境を両立させた持続可能な社会に向けて行動するNPOずっと∞サステイナブルの有志が発行する私的なブログです

    zuttos * [08年]サステイナブル農村開発(カンボジア) * 11:16 * comments(0) * trackbacks(0)
    このページの先頭へ