<< カンボジア版道の駅「コミュニティ・ショップ」 | main | 除草はSRI農法の欠点か? >>

収穫量が全てじゃない!

収穫量が全てじゃない!: 持続可能な開発と環境に向けて行動するNPOずっと∞サステイナブルのブログです

収穫量が全てじゃない!

ずっと∞村のトボン・アン村で、SRI農法に挑戦したIm Thrukさんの田んぼで、今まで長年親しんできた農法(慣行農法)とSRI農法の収穫量を比較しました。同じ1m2に対して稲を刈り取ったところ、慣行農法の収穫量は2.2ton/ha、SRI農法は2.4ton/haだったそうです。両農法の収穫量はほとんど変わらず、SRI農法を応援してきた我々としては少々残念な結果に終わりました。
しかし、Im Thrukさんに聞いてみたところ、来年からは大々的にSRI農法をやりたいとのことです。収穫量はほとんど変わらないのに、なぜだろうと不思議に思い、訊いてみました。Imさんによれば、1)種籾の量を減らすことができた、2)田植えに人手がかからなかった(列に揃えて植えるのは少し難しいけど、苗の数が少ないので人を雇わなくてもできるとのこと)、3)SRI農法の方が質の良いコメがとれた(慣行農法のコメは色がよくなかったそうです)、4)化学肥料を減らしたので費用が減ったというメリットがあったそうです。
収穫量が増えたかだけに注目しがちですが、農家の方にとっては大事なことがたくさんあるということですね。
Im Thrukさん
Im Thrukさん
奥さんに手伝ってもらいながら、アンケートに協力してくれたImさん
「あんたそこ違うでしょ!」と奥さんに言われながら、アンケートに協力してくれたImさんです。ありがとうございました。


ずっと∞の活動にご関心を持っていただいた方へ
早速行動してみる!
メールマガジンを読んでみる


ずっと∞ブログは、開発と環境を両立させた持続可能な社会に向けて行動するNPOずっと∞サステイナブルの有志が発行する私的なブログです



zuttos * [08年]SRI稲作農法 * 23:36 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

この記事にコメントする









トラックバック

このページの先頭へ