<< 貯蓄・貸付グループ メンバーの声(Mrs. So Kunthea編その2) | main | 貯蓄・貸付グループ メンバーの声(Mrs. So Malin編その2) >>

貯蓄・貸付グループ メンバーの声(Mrs. So Malin編)

貯蓄・貸付グループ メンバーの声(Mrs. So Malin編) :持続可能な開発と環境に向けて行動するNPOずっと∞サステイナブルのブログです

貯蓄・貸付グループ メンバーの声(Mrs. So Malin編)

2009年1月18日

ずっと∞サステイナブルでは、住民の自助努力を有効に活用する仕組みとして、貯蓄・貸付グループ活動を推奨しています。村人自らが、わずかな金額をグループに貯金し、いざという時にグループからお金を借りるという仕組み(マイクロファイナンスの一種)です。メンバーの方がこの仕組みをどのように感じているのかインタビューしてみました。

名前と写真年齢住所
Mrs. So Malin
貯蓄・貸付グループのメンバー(Mrs. So Malin)
So Malinさんは、村の幼稚園で先生をされています。環境を大切にし、お互いのことを大切にし、健康を大切にする子供を育てたいそうです。
22才チュリー・アンドン村
お金を借りた経験はありますか?貯金の経験はありますか?貯蓄・貸付グループに参加する時に不安はありましたか?
ありませんありません。以前、外部の機関が化学肥料を販売する際に、住民からの支払いを蓄え、住民に利子をつけて貸していたことがありましたが、住民に情報が十分いきわたらず、あまり普及しませんでした。ありません
グループには、何時、なぜ参加しましたか?グループのリーダーにはどんな人を選びましたか?また、グループであなたの役職はありますか?グループはどんな頻度でミーティングを行っていますか?
2008年7月22日に参加しました。なぜなら、村の誰かがお金を借りると、グループが利子を受け取ることができるからです。そして、このグループは私の将来のために重要であり、みんなで助け合うことができると思ったからです。リーダーには、高い教育を受けていて、活動に積極的な信頼できる人を選びました。月に1回ミーティングを行っています。
グループへのトレーニングでは何を学んでいますか?グループのメンバーとどんな話をしていますか?グループの良いところは何ですか?
会計の方法とグループでのビジネスについて学んでいます。まだメンバーになっていない村人を勧誘するにはどうすればよいかを話しています。貯蓄・貸付グループは、不正に貯蓄を引き出せない仕組みになっているので、貯金をするには良い仕組みです。
他の機関からお金を借りるのに比べて、どんな利点がありますか?どんな村人にメンバーに加わってほしいですか?貯蓄・貸付以外にグループで活動したいことはありますか?
私はまだグループからお金を借りたことはありませんが、必ずお金を借りなくてはいけないわけではないと思います。また、500,000リエル(約US$125)以下のお金を借りる場合は土地の所有証明書が必要ないことが魅力です。正直で信頼できる人です。私は、貯蓄・貸付以外の活動も一緒にやっていきたいと考えています。皆と一緒に活動すれば、一人で活動するよりも良い結果が得られると思うからです。

次回に続きます。



<その他の記事>
貯蓄・貸付グループ メンバーの声(Mrs. So Kunthea編)
貯蓄・貸付グループ メンバーの声(Mrs. So Kunthea編その2)


ずっと∞の活動にご関心を持っていただいた方へ
早速行動してみる!
メールマガジンを読んでみる


ずっと∞ブログは、開発と環境を両立させた持続可能な社会に向けて行動するNPOずっと∞サステイナブルの有志が発行する私的なブログです

zuttos * [08年]貯蓄・貸付グループ(マイクロファイナンス) * 19:22 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

この記事にコメントする









トラックバック

このページの先頭へ