<< ずっと∞村での10月の活動(その3) | main | ある農家さんのサクセスストーリー >>

2012年活動を開始しました

遅ればせながら、2012年の活動を開始しました。これはカンボジアの提携NGOであるCEDACで人事の異動があり、ずっと∞プロジェクトの担当者が交代となったことによります。
活動の開始が遅れまして申し訳ありませんでした。
今年度も皆さんとともに頑張っていきたいと思います。


●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○

∞ これまでのカンボジア・サステイナブル農村開発活動 ∞

ずっと∞では、2008年よりカンボジア・コンポンスプー州でサステイナブル農村開発活動を行っています。
村での活動を行っているのは、ずっと∞が提携しているカンボジアNGOのCEDACです。
ずっと∞の活動対象村には灌漑施設がなく、農家は雨だけに頼った天水田で稲作を行うとともに、家の裏庭で鶏を飼ったり野菜を作ったりして生活しています。
ずっと∞では、カンボジアの天水田での稲作を改善する手法としてSRI(System of Rice Intensification)農法に注目してきました。
これまでの活動から、SRI農法は有効な稲作改善手段として多くの農家に受け入れられました。
過去の活動の成果は、ずっと∞のウェブサイトをご覧ください。
活動の様子は、日本経済新聞出版社発行の書籍「稲作革命SRI」にもご紹介をさせていただきました。


●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○●○○

∞ 2012年のカンボジア・サステイナブル農村開発活動 ∞

ずっと∞支援村では、SRI農法が大きな成果を収めてきたことから、稲作以外の技術改善への関心が高まっています。
その一つとしてあげられているのが養鶏です。
カンボジアでは、家の庭先で鶏を飼っている農家が多くあります。
鶏の多くは放し飼いにされているのですが、村の中の不潔な場所を走り回った結果、病気になって死んでしまうことが多くあります。
養鶏は、現金獲得という点では稲作よりも魅力的です。
もちろん、食糧としての稲作が最重要であることは間違いないのですが、現金がないと子供の教育などいろいろ困ることも多いのです。
2012年のカンボジア・サステイナブル農村活動は、これまでどおりSRI稲作や貯蓄・貸付グループ活動も行いますが、養鶏を通した現金収入増により注目して進めていきたいと思います。
zuttos * [12年]カンボジア農村開発活動 * 12:00 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

この記事にコメントする









トラックバック

このページの先頭へ