ずっと∞村での12月の活動

カンボジアの12月は、おコメの収穫期です。
収穫は手作業で行われるため、農家さんは毎日大忙し、そして、くたくたです。
農家さんが大忙しであるため、12月のずっと∞活動は活発なものとはなりませんでしたが、やむを得ないところです。

1)貯蓄・貸付グループのメンバー・ミーティング
貯蓄・貸付グループは、メンバーがグループに貯蓄をし、お金を借りたい人がグループからお金を借りるためのミーティングを、原則として毎月行うことになっています。
しかし、12月は、みなさんおコメの収穫作業で忙しく、村でのミーティングは開かれなかったとのことです。

2)家庭内養鶏トレーニング
家庭内養鶏活動の方も、12月は農家さんが忙しく参加希望がなかったことから、トレーニングを行うことができませんでした。
農家さんの都合に合わせ、ゆっくりやっていくしかないですね。

3)モニタリングと技術指導
12月は、ずっと∞が提携しているカンボジアNGOのCEDAC職員が農家さん15名を訪問し、モニタリングと技術指導を行いました。
家庭内養鶏については、技術導入計画の策定支援、鶏のエサとなるミミズを増やすための堆肥づくり、鶏のエサにも食用にもなる庭先での野菜づくりを指導したとのことです。
貯蓄・貸付グループのメンバーについては、グループ運営についてのアドバイスを行いました。

−−−−−−−−
ずっと∞村の農家の皆さん、おコメ収穫お疲れ様でした。
出来栄えはどうでしたか?
以前から、ずっと∞が指導しているSRI(System of Rice Intensification)農法はどうだったでしょうか?
また、話を聞いてみたいと思います。
zuttos * [12年]カンボジア農村開発活動 * 12:30 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ