2009年度の貯蓄・貸付グループ活動

2009年度貯蓄・貸付グループ活動計画 :持続可能な開発と環境に向けて行動するNPOずっと∞サステイナブルのサイトです

2009年度の貯蓄・貸付グループ活動計画


■ 貯蓄・貸付グループとは?


ずっと∞支援村の人たちは、時には、鶏の雛や豚、あるいは野菜の種や肥料を購入して、経営状況を改善したいと考えることがあるのですが、手持ちの現金が少ないため、お金を借りることが必要になります。また、時には家族が病気になり、お金を借りて薬を買いたいと思うこともあります。
ずっと∞村には、比較的お金持ちでお金を貸してくれる人もいるのですが、条件はあまり良くないそうです。また、マイクロファイナンス機関(小規模な融資のための銀行のようなもの)はあるのですが、書類の審査が大変で審査に時間がかかる上、田んぼの所有権を証明したり、保証人を立てたりすることが必要なため、事実上お金を借りることは不可能だそうです。

このように、ずっと∞村の人たちは、正当な条件でお金を借りることが難しいため、いざという時(家族が病気になった時など)には田んぼを売ったりしなくてはなりません。そして、その後は、自分たちで農業がつづけられなくなってしまうのです。

ずっと∞サステイナブルでは、このような事態を避けるため、貯蓄・貸付グループを結成し、普段から少しずつ貯蓄をしてもらうことを奨励していまう。そして、いざという時には、その貯蓄からお金を貸してもらうこともできるのです。このようなシステムにより、住民のセーフティーネットを構築するとともに、住民の自立性を高め、また、住民が会計等のグループ運営能力を向上させることを目指しています。
貯蓄・貸付グループ活動の様子


■ 2009年度の活動計画


昨年度の活動では、多くの女性陣の参加が見られ、グループの活動は軌道に乗っています。メンバーは、毎月しっかり貯蓄をするとともに、お金を借りた人はきちんと返済しているようです。
しかし、利子をつけて返済された金額をどのように分配するかといったグループ運営については、難しいという声が出ていますので、今年度は運営能力向上のためのトレーニングを重点的に実施したいと思います。近い将来には、我々の支援がなくてもグループを運営していけるようになってもらいたいと考えています。



ずっと∞の活動にご関心を持っていただいた方へ
早速行動してみる!
メールマガジンを読んでみる


ずっと∞ブログは、開発と環境を両立させた持続可能な社会に向けて行動するNPOずっと∞サステイナブルの有志が発行する私的なブログです

zuttos * (09年)貯蓄・貸付グループ(マイクロファイナンス) * 19:58 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ